サークル電脳電波発令所 春風紅茶の実質放置HP
「駄BLOG」とはサークル「電脳電波発令所」春風紅茶のブログです。

■電脳電波発令所 D2WORKS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラの父がウルトラ・アレイを持って言う台詞。(脳内で。正確には神村君が
そう言ったのが、脳内に残った)

それはそうと、最近ウルトラマンメビウスが面白い。
前作か前々作かで、人間の心の葛藤ドラマの描けない円谷に愛想つかせて観てなかったが
「めがねっこ居酒屋」でネタにあったので途中から細々と観始め、ヤプール復活以後
から、ひねり込まれたり、魂揺さぶられる話がちらほら出て来て、最近の「思い出の先生」
や「怪獣使いの遺産」はおっさん号泣という有様。(子供は置いてきぼりの構成だったけど)
そんなこんな思ってたらウルトラマン80が日本ヲタク大賞とか(笑
やはり、27年越しの最終回は効くよ。

あとは今回のメビウスの中で語られる、地球人類とウルトラマンの立ち位置というか
関わり合いの解釈がある程度明確化に語られるところがツボかな。
かつては地球人類に近い種が、強大な光の力を望まずに手に入れたが、力はきっと
何か成すべき使命の為に、そうして宇宙に乗り出したウルトラマン達が、かつての
自分達の種に近く、未だ文明として幼年期の地球人類に新たな可能性をみて、自ら
飛び立てるその日まで、その身を盾とする無償の愛。
「エースの願い」での語りは感慨深くて、また号泣。
ただ、主人公が「人間が好きだから~」と、お前はジャングルの王者タ~ちゃんか!!
ばりの単略な台詞にはどうにも(笑

しかし、子供の頃のリアルタイムウルトラマンって「80」と「ジョー」なんだよな
あとは再放送で観てた口だし、BS開局時深夜にマン、セブン、Qの再放送が強烈な
記憶だったりする。この深夜のセブンとQは特に恐怖感あおってくれた。
週末の早い時間に暗いのはきついと思うが、もっと心にのしかかる脚本へ突っ走って
欲しいのは欲張りかなぁ。

(ひそかに敵宇宙人の声優陣の配役が渋いぞっ!コンチクしょう!!!(笑 )
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。