サークル電脳電波発令所 春風紅茶の実質放置HP
「駄BLOG」とはサークル「電脳電波発令所」春風紅茶のブログです。

■電脳電波発令所 D2WORKS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神村君が亡くなったのは正確には「2011年09月16日午後5時55分」になります。

葬式の後に彼の部屋に入りました。
生前「散らかっているので」という事で、居間でしか話した事無かったけど。
形見分けと言うか、生前一緒にやっていたオリジナルガンダム同人誌の企画書などを
引き取る為、最近まで描いていた原稿束等を拝見。

正直な感想。「これから死ぬ人」の部屋ではありませんでした。

東京で就職して部屋が趣味にまみれて荒れていく様を見ていたので、何となく判りますが
学生時代の「やる気」のある部屋に戻っていました。最近まで趣味の玩具を整理して、その
処分を手伝ってはいましたが、きちんと趣味の物、仕事の物(就職活動含む)、大学のレポートの為の物、
病院への通院の為の物、以上の物を使用頻度等を考えた配置と、それらの使用頻度が判る積み上げが
成されていました。

ヨメも、本も、綺麗に収まる所に納め、飾られています。部屋を晒すスレに投稿しても褒められるくらい
綺麗で、尚かつ生活感も残っています。そして枕元の飾り付きブックボードには封を切っていない今月号の
月刊ニュータイプが残っていました。

はっきり言えば、動機は「謎」のままで。魔が差したとしか・・・考えられないのかもしれません。

原稿の一部、自分が発注したものと彼が原案者として纏めようとしたコピー誌の為のラフ案原稿を持って
帰って来ました。もうこれらの走り書きは、この世で自分しか意味を解読出来ないものなので、コレを
何らかの形にして残すのが、彼と自分の最後の「遊びの締め」なのだと思います。

その他、自分が関与していない方面のお付き合いについて。
それらしい書類や原稿等がありましたが、一応、弟さんが原稿等を引き取りたいという意向なので、必要な
連絡等は弟さんの判断に委ねておきました。「どうしても」と言う確認事項がある場合は、一応春風の
メアドを使ってご連絡を受け付けますが、ご家族が密葬とした心情をご理解の上、ご家族のプライベート絡み
になる事の無いよう各自ご判断の上でお願いいたします。
お悔やみ等もご遠慮願いますとの事でした。

生前の神村君の原稿を持っている方は、そのまま手元に形見として持っていて頂ければという事でした。

とりあえず、このような形での報告ですが、一区切りという事にしたいと思います。

では、「神村くん、また来世!」(いつもこんな調子だったのよ・・・。)
スポンサーサイト

喪失感は失った直後より、次の日目が覚めた後の方がきつい。

家が地元祭一色なため、御飯が赤飯、しかも専門店注文の二日分とか
さすがに精神的に受け付けなかった。

夢枕に立つかもと、思っていたら二日連続のUFO捕まえる夢。しかも介良事件タイプの。
もうちょっとなんとかならないものか。
昨日、古くから友人の神村悠樹くんが亡くなりました。
明日より家族のみの密葬という事です。

正確には、小学校の役員で、本格的には中学校からの友人であり
多分、自分のオタ絵の始まりは彼との出会いがきっかけで、彼の創作法の模倣から始まりました。
ある意味で師であり、同好の趣の仲間であり、悪友であり、親友と言っていい人でした。

この10年近く、躁鬱で心が病んで、自分と戦っていましたが、突然、昨日自分で終わらせてしまいました。

先月逢った時、大分躁鬱の振り幅も小さくなり良い顔になっていました、いろいろ頑張っていたのに、
何が直接の引き金なのか今は判りません。
遺書らしい物も無く、自分にも何もそれらしいメッセージも無く。

ただ、いつも外出コースの帰り道、そのまま逝ってしまったということ。

今の所はそれだけしか判っていません。
そして、少し微笑んで寝ているような死に顔に、悲しさと腹立たしさと、複雑な感情で自分もよく
判らない状態です。

状況が整理出来ましたなら、改めて神村君関係者にご連絡いたしますので、今はただ故人のご冥福を
祈って頂きたく御願いいたします。

そして、だちゃんへ
初七日、49日はそこら辺ほっつき歩いていそうだから、自分の所に一度は顔を出すように。
その後は、先に的場さんに怒られていなさい。
「嫌韓」を越えた上位感情は「憎韓」らしい。
もう呆れて何も言いたくない・関わりたくない状態「虚無韓」。

そんなわけで無理に地デジ化してないわが部屋のAV機器。
10月からお試しの光TV化してみる。スカパーが冬になると映らない日があったので
有線するしか無い。でも有線地域外だったので、光回線に頼ってみる。
せめてディスカバリーとアニマックス、東映とFOXは観たい。

「嫌なら観るな」とどこぞの誰かが言っておりましたので、彼の言葉に
従って、録画した番組も録音してたラジオも消去しました。
もちろん、もう観ないし聞かない。
なるほど、容量が空いて清々しました。

ありがとう岡村隆史
さようならナインティナイン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。