トラックの毒って、なんの毒の巻

ここでは、「トラックの毒って、なんの毒の巻」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うっかり忘れていた、コミティアの申し込みが明日必着なのを
思い出し、発送しようと思ったが、この吹雪に準備していない・・・
問い合わせると、隣町の郵便に4時前なら確実に明日の集配に載ると
言われ昼過ぎから、吹雪の中ドライブ。
先日の内にスタッドレスを履かせていたけど、本格的な雪道の
走行は・・・今年二回目か?(先日の上京時、山間部が積もっていた)
しかし、凍結道路は久方ぶりなので、バイパス走行時に前の車が、
急ブレーキ踏んだだけで、危うくぶつかりそうになり、やむなく路肩の
雪の固まりに突っ込み、抜け出られなくなる。(家出て5分)
なんとか、バックで抜け出られて、四方が田んぼの県道へ進むと
いきなりホワイトアウト。雪に浮かぶ対向車の影が横転、火花が散った
近づくとタンクローリー車が道から田んぼへ横転して転落、電柱に倒れる形で
停車していた。
ありゃまと思い、他の車の人と近づくとあんちゃんが這い出して来た。
どうやら無事で、体は何ともないようだ。
後ろの人が目撃していたので、警察等への連絡もしたのがわかったので
その場を後にする。横転事故より、俺の申し込みが先じゃ~いと思ったり
思わなかったり。しかし、気になるのがタンクの後ろのでっかい毒の文字。
毒って? なんの毒? ここ田んぼ、大丈夫?
ふっと、タンクの上部に当たるとこを覗くと、どっぷどっぷと雪の下に流れて
やがります。積載表記を見ます「薬品、可燃性」と書いてございます。
これがつまんない典型的ハリウッド映画なら、タバコ吸ってる親父が無造作に
タバコを投げ捨ててドカンだなぁ~なんて思いながら・・・
電線・・・、トラック電柱に引っかかってる、上を見れば電線が張りつめて
切れそうな感じ。
それでも、本人は大丈夫だというので、ほって逃げさせてもらう。
隣町で申し込みを出し、インクをさがし、匠味をほおばって帰路につく頃には
・・・・まだ有る
警察と土地所有者とNTTと車屋とトラックの事業所が集まっていた。
ややこしくなっているなぁ。残っていないで正解でした。
その後、帰宅中にスリップ自爆、出会い頭衝突、三台玉突きと事故に遭遇
雪道油断する事なかれの日でした。
・・・・・毒。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://d2works.blog14.fc2.com/tb.php/46-003d3c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。