あけおめ、だが断る。理不尽なり!の巻

ここでは、「あけおめ、だが断る。理不尽なり!の巻」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけおめ、こんちわ2006年。
コミケ後ダラダラと酒飲んで鍋つついて
肉食って、高寺さんが黙々と同人誌を
仕分ける様を眺めて三箇日。
もう、駄目な俺。
キングコングでも観ようと思っていたが
思っていただけで、観たのが「激突、将軍家光の
乱心」 今で言うCG所がCGじゃない映画。
見所は、丹波の槍持ちと織田裕二の爆死、
そして千葉真一と緒形拳の村壊したい放題の一騎打ち
と、いきなり分銅理不尽なり。あと、雰囲気考えない
アルフィーの歌。
こんな、男ばっかりの三箇日。

しょうがないので、並木君と浅草寺へ初詣。
御神籤は吉。彼は二回とも凶。漫画みたいだった。

帰京後は、まず雪かき。駐車場の車庫まで雪かき。
雪をどけた所に、駐車契約してない近所のおばさんが
勝手に止める。また別の方向に車を出すために道つける。
(通るために雪を片づける事を「道つける」という)
そこに、自分の駐車スペースを雪片づけないで車を
駐める、というか駐められる。
頭に来たので、その2台の前と後ろに雪を盛りつける。
車庫には、まだ辿り着けない。

盛りつけた雪の高さ1メートル50ほど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://d2works.blog14.fc2.com/tb.php/48-154744ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。