夏休みの巻

ここでは、「夏休みの巻」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミティア明けから31日まで、短いながらも夏休みと称して
のんびりしました。基本何も考えず、食べたかったものを食べ
入りたかった温泉行って落書きしてました。いつも通りでした

orz

東京から帰る前に、並木君と「時をかける少女」を観に行きました。
奇しくもテアトル池袋では、この上映作品を持って閉館という事で
なんか上京した頃に仲間と観に行った「ブライガー・オールナイト」
等感慨深いものが有りましたが、コミティアの為に強行軍スケジュール
だったので体力は、ゲージレッドという有様でいつ眠ってもおかしく無い
最悪な状態。入場待ちも眠りそうなことから「アカギ」DVDを見続けました。
そんな中での観賞。120分眠気を感じさせない面白さでした。
なんというか、さわやかな疾走感のあるアニメって、久々に観た気がします。
欲望に転がる様も、臆病に尻込みする様も、全力で泣く様も皆愛おしい映画でした。
ずいぶんと余計なデコレイト作品にならされていた感じが有りましたが
いううなれば、炭酸ジュースや奇抜な飲料水ばっかり追いかけていた、ある日
実家で飲んだ地下水のおいしかったイメージとでもいいますか。ストレートに
面白いというアニメは最近の流行りには無かった気がします。

先の小説の続世界での物語。って事らしいけど
さきのタイムトラベラーの、戦争と世界荒廃が進んだ事が読み取れる話も
あって、結果、未来は悪化しタイムトラベラーは帰って来なかったとも
取れ、ちょっと悲しいかな・・・。

小説の夕焼けイメージに対して、青空のイメージの映画でした。
20060902022538.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://d2works.blog14.fc2.com/tb.php/95-bfa4baf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。